スポンサードリンク

 ワキガ治療 ワキガ対策 ワキガ手術

2012年08月15日

ワキガチェック

ワキガは、臭汗(しゅうかん)症とか腋臭(えきしゅう)症と呼ばれ、
特別強いニオイを発する症状です。

体臭、ワキの臭いは、誰にでもあるものですが、特に動物性脂肪を多くとる
食文化の国であるほど、ワキガ体質が多いようです

日本では、穀物を主食にしているため、ワキガ体質は少ないといわれてますが
それでも、体臭を気にする人は多くいるようです。

外国に行ったことがある方は、ホテルに着いたときのクローゼットの臭いが
気になり、しばらく開けっ放しにして臭いを飛ばした経験もあるでしょう。
それに比べ日本では、まずそのようなことはありません。


臭いが気になる方は、自分がワキガ症なのかどうかチェックしてみましょう。
自分のワキガ症対策に役立つと思います。


【ワキガ症のチェックポイント】
 該当するものが多いほど、ワキガ症の可能性があるといえます。
 ワキガ症と思える場合は、専門医で診てもらいましょう。

1.下着に色がつく
  白い下着の脇の下が黄ばんだり、黄緑色になったり、汚れが目立つ。
  原因は、脇の下にあるアポクリン腺の汗で、糖質やタンパク質、
  ピルビン酸、鉄分、アンモニア、色素リポフスチン、糖質などの成分が
  着色の原因となります。

2.わきの汗が多い
  アポクリン腺の数が多く、働きが活発であれば、汗の量も増えます。
  汗に粘り気がある場合も要注意です。

3.耳垢が湿っている
  チョット「ワキガ症」とは関係のないように思えますが、外耳道には
  アポクリン汗腺が存在します。

  外耳道のアポクリン腺の働きが活発な人は、ネバネバしたキャラメル状の
  耳アカが出ます。強いワキガ体質の人は、ほとんどの場合、耳垢が湿って
  います。

4.脇毛が多い
  アポクリン汗腺の分泌総量が多くなるため、わきが(ワキガ)の可能性が
  高くなります。

5.肉食が多い食生活
  動物性脂肪(肉、乳製品など)は、アポクリン腺や皮脂腺の働きを活発に
  するといわれています。

6.遺伝によるもの
  ワキガ体質は親から子に遺伝します。
  優性遺伝といわれ、親がワキガ体質である場合、子に遺伝する確率は、
  3割程度といわれています。


posted by tomio at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ワキガチェック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57599095

この記事へのトラックバック