スポンサードリンク

 ワキガ治療 ワキガ対策 ワキガ手術

2009年11月10日

ワキガ手術

ワキガで悩んでいる方には、手術を真剣に考えている方も多いと思います。

でも、手術となるとどうしても不安になってしまい、躊躇してしまいます。

事前にワキガ手術について知っておけば、いたずらに心配することなく、

安心して施術に望めると思います。

ここでは、現在行われている、ワキガ手術の種類と手術内容について紹介

します。これから手術を考えている方の参考になれば、幸いです。


【超音波式によるワキガ治療】
皮膚に小さな穴をあけて、器具を挿入し超音波で汗腺などを破壊して吸引する
手術方法です。健康な皮膚や血管を傷つけないため、出血が少ないのが
メリットとなっています。

【切除法】
汗腺や毛根、皮脂腺を切り取った後、縫合する手術方法です。
以前はこのワキガ手術が多く行われましたが、再発することもあり、
最近ではあまり行われなくなっています。

【剪除(せんじょ)法】
皮膚にだいたい3cm切り込みアポクリン汗腺を除去する手術方法です。
アポクリン汗腺を目で確認しながら行いますので、たくさんある手術の
中でも効果が高い方法と言われています。

【吸引法】
数ミリ切開し、特殊な器具を挿入して、アポクリン汗腺を吸引する方法です。
傷跡が小さく手術後の回復が早いのが特徴です。ただし、アポクリン腺を
直接目で確認しながらて除去する方法ではないため、完全に吸引するのは
難しく、担当医の熟練度合いによるところが多いと言われる治療方法です。

【共立式ニューローラークランプ法】
皮膚をローラーで押さえながらカニューレという特殊な刃のついた吸引管で
皮膚の裏側からアポクリン腺と皮脂腺を吸引除去するという方法です。
この手術にかかる時間は約20分くらいで、テーピングをする程度の小さな
傷口で済むという事がメリットです。

【マイクロリムーブ法】
治療器をわずか1センチ程度の入り口から挿入して治療するという方法です。
細いハンドピースの先端についているマイクロチップの回転エネルギーに
よってアポクリン汗腺を粉砕して除去します。このマイクロリムーブ法と
いうのは、再発の心配もない上に治療効果が高い手術方法として
知られています。

【アキシラレーザー】
わきの皮下にカニューレという管を挿入して、皮膚の裏側から汗腺に
レーザーを直接照射する方法です。針穴くらいの傷口から治療を行うので
皮膚にダメージを与えることなく行えます。
posted by tomio at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ワキガ手術

ワキガと多汗症

「多汗症がワキガの原因」だと思っている方や「ワキガが多汗症の原因」だと

思われている方もいらっしゃるかもしれません。

多汗症は、汗が多い症状をいいますが、汗の臭いはほとんどがなく、

エクリン汗腺からのさらさらした汗の量が多いという症状です。

ワキガの場合は、アポクリン汗腺からでる汗や皮脂線からの分泌物が臭いの

原因となっています。多汗症であってもアポクリン汗腺からの発汗が

少なければ、ワキガ臭とはならず、ワキガと多汗症は、汗という共通点は

あるものの、別なものと言えます。

多汗症について、症状別の種類と対策を紹介します。多汗症で悩んでいる方に

参考にしていただければと思います。

■多汗症の種類

全身性多汗症
肥満や妊娠、激しいスポーツや重労働なども多汗の原因となることが
あります。その他、糖尿病、低血糖、甲状腺機能障害、高血圧、視床下部の
腫瘍、外傷や炎症などが原因として挙げられます。

精神性多汗症
精神的な刺激を受けて汗をかくことがあります。特に手のひらや足の裏に
たくさん汗をかく場合などは、自律神経失調症などの可能性があります。

味覚性多汗
普通に辛いものや熱いものを食べれば、当然汗が出てきますが、
耳下腺の障害や脳炎、頸部・胸部交感神経障害などの場合に、過剰に汗が
出ることがあると言われています。

局所性多汗症
最も多い多汗症の種類です。手のひら+足の裏+わきの下、
あるいは、足の裏+顔面、わきの下+足の裏、などといろんな局所の
組み合わせで汗が吹き出る多汗症です。

■多汗症の対策

汗がたくさん出ますので、こまめにふき取ることが大切です。

汗をかいたままにしておくと、体温が下がって体温調節にも影響を与えたり、

悪臭の原因にもなってしまいます。

汗拭きシートなどには除菌タイプもあり、簡単に利用できますので、

汗をかいたら、ふき取る習慣をつけましょう。

また、香辛料の強いもの、辛いもの、特にあつい食べ物などは避けるように

しましょう。また、できるだけ運動をするようにし、正しい発汗のリズムを

体に覚えさせましょう。
posted by tomio at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ワキガと多汗症